兵庫県造園緑化組合連合会は造園事業者の技術の向上と業界発展、緑豊かな兵庫県を守るために活動しています。

会長からのメッセージ

“みどり豊かな兵庫県と、
未来を守る若年技能者のために。”

兵庫県造園緑化組合連合会は昭和48年に職業能力関係促進法に基づく技能検定制度により「造園職種」が新しく採用されることとなり、兵庫県下における実技試験の統一実施団体として同年発足し、造園事業者の技術向上と業界発展を図るため、また、みどり豊かな兵庫県を守るため、2016年3月31日現在、兵庫県下22支部組合(会員384社・賛助会員1社)で活動を行っております。 兵庫県造園緑化組合連合会は平成25年には創立40周年を迎え、その間、4,000名以上の造園技能士(1級・2級・3級)を輩出しました。平成2年11月15日には技能検定制度の普及浸透と公正円滑な技能検定試験の実施に尽力した功績に対し「労働大臣表彰」を受賞するに至りました。 そして、ものづくり日本を担う我々技術者は長い年月をかけて蓄積した経験と技能を伝承していくため、実技系講習会の開催や本連合会主催の「造園技能競技」を開催するなど会員の技術・技能向上と技能後継者育成の事業推進を実施しております。 また、未来を担う若年技能者の育成と技術の向上ため、兵庫県・兵庫県職業能力開発協会共催の「ものづくり兵庫」技能大会・造園職種の実施と兵庫県立ものづくり大学校・ものづくり体験館での中学生に対する「ものづくり体験学習」の実施指導など、兵庫県行政にも広く関わり事業を展開しております。 これからも造園業界の発展と共に技能の継承 及び 向上のため、兵庫県造園緑化組合連合会は組合活動を推進してまいります。今後とも、関係諸団体の皆様ならびに会員皆様のご指導・ご鞭撻を賜ります様宜しくお願い申し上げます。

兵庫県造園緑化組合連合会会長
乾泰夫

事業内容

  • 技能検定実技試験の委託を受け、その実施に関すること。
  • 試行検定試験に関すること。 実技・学科の講習会及び調査研究に関すること。
  • 表彰制度の内申に関すること。
  • 関係官公庁の諮問に対する答申建議及び請願。
  • 斯業に関する情報、資料の収集と交換。
  • 会員の福利厚生に関する事業。
  • 其の他本会の目的を達成するために必要な事業。

組織概要

兵庫県造園緑化組合連合会
(略称:兵造連)
昭和48年8月20日
〒652-0047
兵庫県神戸市兵庫区下沢通7丁目2−28 フローラ上沢 3F
22支部組合
384社・賛助会員1社(2016年3月時点)
顧問1名
相談役2名
会長1名
副会長3名
理事37名
監事2名
沿 昭和48年8月20日 兵庫県造園組合連合会 設立
昭和49年2月1日 兵庫県造園緑化組合連合会 に名称変更

地図データ
地図データ ©2018 Google, ZENRIN
地図データ地図データ ©2018 Google, ZENRIN
地図データ ©2018 Google, ZENRIN
地図
航空写真

〒652-0047
兵庫県神戸市兵庫区下沢通7丁目2−28 フローラ上沢 3F